FC2ブログ

米子空港からスカイマークが撤退との報道

 鳥取市の社会保険労務士の田中伸一です。
 
今年もマイペースで更新していきますので、よろしくお願いします。

 山陰地方に降り立った新興エアラインが、2年も経たずに去る――。
安い運賃を武器とするスカイマークが、来年(2015年)8月末をメドに鳥取県の米子空港を発着する路線からすべて撤退する見通しになった。今年(2014年)8月の米子発着のスカイマーク便の運航便数を見ると、羽田便2往復、成田便2往復、神戸便2往復、札幌便1往復、沖縄便1往復の合計8往復(16便)を運航していた。このうちすでに今年10月末で羽田、成田、札幌の3路線からは撤退。運航を続けている神戸、沖縄便についても来夏で運休されることになった。従来は来春から羽田便が復活する予定となっていたが、これも撤回され完全撤退となりそうだ
 


 このニュースは地元の住民にとってかなりの衝撃的なニュースになったと思います。鳥取市民としては、米子空港まで車で2時間近くかかるのでそれほど影響はないともいえますが、鳥取羽田便が現状ANAしか就航していないことから、実際東京に飛行機を利用するとなると、早期割引等があるにせよ通常運賃では往復で5万程度かかっているのが現状です。さすがに東京に行く交通費だけで5万円となると、相当な覚悟がないといけない金額だと思います。ビジネスでの利用であれば会社の経費となるので利用することもあると思いますが(それでも会社にしてみれば大きな負担です)、例えば観光なんかで行こうとすればなかなか難しいと思います。それが家族旅行なんてなると、普通の家庭ではまず無理ではないかと思います。

 実はこの夏に私は米子空港からスカイマークを利用して成田経由で東京に遊びに行ってきました。正直、昼間に米子を出発して、翌日の午後には帰ってくる便しかなかったのでゆっくりと観光というわけにはいかなかったのですが、とある格安チケットを扱っている会社を経由してチケットを買った結果、片道9,000円でおつりがくるくらいの料金でした。鳥取空港から羽田に行くことを考えると、チケット代は相当に格安になります。この料金なら東京に行ってもいいかなと思ったのが東京へ行くのがきっかけでした。仮に2時間かけて米子に行ったとしても、鳥取からJRを利用して東京に行くことを考えると、それでも時間的にも早く行けます。(しかも安くです!)

 成田経由だと東京まで遠いというイメージがあるかもわかりませんが、実際は東京方面行のバスが頻繁に出ており、料金も900円から1,000円程度で時間も1時間で東京駅まで行けます。羽田から東京モノレール等で浜松町まで30分程度かかることを考えると、それほど大きな差はないように思います。何よりも格安で東京まで行けることを考えると十分に許容範囲です。当初、スカイマークも米子成田便を格安で飛ばすことで収益が確保できると考えていたようですが、結局成田からのスカイマークの撤退により、米子成田便も廃止となってしまいました。

 これだけ安く東京に行けるにもかかわらず搭乗率が低かったのは、まだこのような事実が浸透していなかったからのように思います。すぐに収益につながらなくても、もう少し我慢して続けていれば、結果はまた別のものになったのではないかと個人的には思います。たしかに地方は人口も少ないので、羽田や伊丹便ほどのドル箱路線というのはまず不可能です。しかし、人口が少ないから利用が少ないのではなくて、料金が安ければ利用したいという潜在的なニーズは必ずあると思います。よく、これから日本は人口が減少するから経済的なパイが縮小していくという悲観的な話を聞きますが、潜在的なニーズの掘り起こしで需要を作り出すことは可能だと思います。この潜在的な需要の可能性がスカイマークの格安便にあったのではないかと思うと今回の撤退報道(おそらくそうなるのかな)は非常に残念に思ってしまいます。

 ただ観光の需要だけでなく、ビジネスにおいても格安で東京に行けるとなると、これまで東京方面に営業等の活動がなかなかできなかったのが、格安で行けることでコスト面から収益が見込めるとなると、新たな取引先の開拓といったことも考えられます。交通の便の悪い地方でビジネスをしているだけで、いろいろな制限がかかるのはもったいないことです。ネットビジネスの発展で、従来ほど場所の重要性は低下してきていますが、やはりビジネスは人対人の面がまだまだあります。そうした意味でも潜在的な需要はあったのではないかと思います。

 山陰といった地方におそらく新幹線を通すというのは難しいと思います。(個人的にはそれでもやって欲しいですが)鳥取もようやく道路網が整備されて、関西がより近くなったことで、関西方面に旅行に行ったり、逆に関西から観光客を呼び込むことが出来るようになりました。本来はもっと早く整備をしてほしかったですが、道路の利用者数とかそういった単純なコストだけで測れない効果が確実にあると思います。智頭急行が関西方面に運行するようになるまでは、大阪に行くことすら時間が相当にかかっていました。智頭急行の開業は鳥取、倉吉での経済面での貢献も大きかったと思います。JRは当時収益が見込めないという判断をしていたらしいですが、実際には収益でも黒字になっていることから、潜在的な需要を掘り起こすことができた結果だと思います。

 そこで鳥取県にはすでに二つも空港があるわけです。この事実は実はけっこう大きいと思います。新幹線を通すには時間もお金もかかりますが、格安便の就航はそこまでのコストにはならないと思います。今回のスカイマークの米子就航は、地方空港における試金石というか、もしうまくいけば、全国の地方空港にも波及していくのはないかという観点からも非常に残念だったと思います。鳥取県もスカイマークの就航で米子空港の近隣の駐車場の整備に税金を投入したのが無駄になるかもわかりませんが、もしスカイマークがこのまま就航してくれたら、整備にかかった費用なんて、今後の経済効果や住民の利便性を考えると安いものだと思います。

 やはり東京は日本の最先端であり、様々なイベントも開催されます。街を歩くだけでも刺激になりますし、ビジネスマンであれば、ビジネスにおけるアイデアもいたるとこにあります。社労士としても有名なセミナーなんかが開催されるのも東京になります。ただ、地方にいるだけで、交通の便が悪くてコストがかかるという理由でそういったものに参加できないのは、実はもったいないことでもあります。いろいろな職業がありますが、どの業界でもそういったことが言えるのではないでしょうか?(それでも行くという決断ができる人が成功できるひとなのかもわかりませんが。。。)

 これからの日本は、地方が元気になることが課題だと言われています。それには交通網の整備は不可欠ではないかと思います。そんなの無駄だとか、コスト面で厳しいといった論調になりがちですが、それよりも潜在的な需要の掘り起こしで、地方が元気になるように、そして地元の企業も潤うようなそんな状況を目指す方が希望がわいてくるような気がします。


事務所のHPできました!
http://rework-tottori.com/
社会保険労務士事務所オフィスREWORK
代表 田中 伸一

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リワーク

Author:リワーク
鳥取市の社会保険労務士の田中です。日々の雑記からビジネス本の紹介から趣味の話まで、色々書いていきます。
企業の経営者、人事・総務担当の方からビジネスマンの方まで、役立つ情報をお届けいたします。
気軽になんでも相談してもらえる社労士を目指して、日々奮闘中です!お問い合わせは tanaka@rework-tottori.com 田中まで

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR