FC2ブログ

トヨタ、若手の賃金増額検討 少子化で人材確保

鳥取市の社会保険労務士の田中伸一です。

 採用についてなかなかいい人材の確保が難しくなったという話をよく聞くようになりました。少し前まで就職氷河期という風に言われ、学校を卒業しても正社員の職に就けず、やむを得ず非正規や派遣での労働をせざるを得なかった方が多くいたことを考えると、ほんの少しの期間で大きく雇用状況は変わったといえると思います。

 こうなると企業側の悩みは、良い人材を採用するにはどうしたらよいのか、ということになってきます。そうした中で、若手社員の処遇の改善で人材を確保しようとする動きも出てきています。

以下、ネットの共同通信のニュースから引用します。
トヨタ自動車が若手社員の手当増額など生産現場で働く約4万人の賃金体系を見直す検討をしていることが27日、分かった。上田達郎常務役員が東京都内で開かれた経団連の労使フォーラムで講演して明らかにした。
 少子化で確保しにくくなる若い人材の待遇を引き上げ、中長期的な競争力を確保することを目指す。
 年功に応じた部分を圧縮し、能力を重視した賃金制度とすることを検討。子育て世帯にも賃金の原資を手厚く配分する。労働組合にも概要を伝えており、制度の詳細を今後詰める。
 トヨタは、60歳の定年以降も優秀な人材については処遇を維持し再雇用する制度も検討している。(共同ニュース)



 この記事を読むと処遇改善に向けて取みを始めたように受け取れます。トヨタのような大企業だから4万人の従業員という規模でもこうしたことができるとも言えるのかもわかりません。なかなか中小企業が処遇改善といっても現実的には困難があると思います。

 ただ、よく読むと能力重視、年功部分の圧縮とあります。単純に賃金を引き上げますよということでもないように思えます。経営者の方の感覚からすると、やはり従業員の賃金は能力評価で、頑張っている従業員の賃金はそれなりに評価してあげたいと思うのは当たり前だと思います。一方で勤続年数の長い社員は、社歴が長い会社ほど高い傾向があります。それだけになかなか若手の処遇改善といっても原資は限られているわけでなかなか難しいところもあります。

 今、外国人労働者の受け入れといったことも議論されていますが、相対的に若年層の人口は減っているわけで、その中で優秀な人材の確保というのはこれまで以上に難しくなります。そうはいっても、従業員の賃金を引き上げたり、採用の際の労働条件の賃金を高くして求人募集を出すということは簡単ではありません。そもそもまだ働いてもらったことのない新しい従業員にいきなり高待遇で迎えるなんて、特別なキャリアや経験がない限り、リスクが大きすぎます。仮に経験者であっても自社の社風に合った人材かどうかなんてわかりません。それだけに採用ということが今後これまで以上に重要になってきます。ハローワークに求人を出せばなんとかなるという状況ではもはやありません。おそらく都市部では、リクルートのような求人の専門の会社が以前にも増してもてはやされるようになると思います。彼らは求人においてはもちろんプロなので、魅力的な求人情報を発信するということにおいて、今後企業もある程度のコストをかけても採用活動を行っていかなくなると思います。ネームバリューのあるような会社であればいざ知らず、中小企業においては、いかに応募者の関心を引くことができるかというところにかかってきます。
 
 お金のある会社なら、ある程度採用に関するコストも出せると思います。ただ、現実に中小企業は厳しいところがまだまだ多いと思います。事業主さんと話をさせてもらう中で、人材の確保の話になると、今いる従業員を大事にしてあげて下さいね、という話をさせてもらいます。ちょっとした気遣いでも従業員の気持ちは大きく違ってきます。その中で、トヨタのような取り組みは無理でもきちんと従業員を評価してあげる制度のある会社や教育訓練の制度がきちんとしている会社、もちろんコンサルタントが作るようなたいそうなものでなくても、自社なりにそういったものがあるだけでも採用の際のアピールになります。例えば、ハローワークの求人票でも必要最低限の条件を出すだけでなく、企業のアピール欄もありますし、備考欄もあります。そういったところに少しでも求職者の興味を引くような文面をいれるだけでも反応は違ったものになってくると思います。

 人を評価するというのはとても難しいです。いろいろな企業が人事評価制度を導入してもうまく運用できるように試行錯誤を繰り返しながらというのが現実だと思います。ただ、会社の社長さんがどうしようか悩みながらひとりで給与を決めておられるところもかなり多いですが、人材の確保、育成がこれまで以上に需要な時代に突入していくことを考えると、時代に合わせた制度の構築というと大げさですが、きちんと評価してあげられるものさしは必要になってくるのではないかと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ
にほんブログ村

事務所のHPできました!
http://rework-tottori.com/
社会保険労務士事務所オフィスREWORK
代表 田中 伸一


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リワーク

Author:リワーク
鳥取市の社会保険労務士の田中です。日々の雑記からビジネス本の紹介から趣味の話まで、色々書いていきます。
企業の経営者、人事・総務担当の方からビジネスマンの方まで、役立つ情報をお届けいたします。
気軽になんでも相談してもらえる社労士を目指して、日々奮闘中です!お問い合わせは tanaka@rework-tottori.com 田中まで

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR