スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸三宮の激安パスタのお店

鳥取市の社会保険労務士の田中伸一です。

 なんかタイトルは食べログみたいですが、先日最低賃金引き上げのことを取り上げましたが、鳥取県でも22円引き上げで715円となります。しかし、都市部との格差は広がる一方で東京は932円になると聞くと、鳥取ではかなりの好待遇に感じてしまいます。これからは、都市部と地方の格差がより問題になってくると思いますが、今の時点で鳥取で最低賃金932円となると企業側は悲鳴を上げてしまうと思います。

 そんな中、先日神戸三宮の街を久しぶりにぶらぶらしてみました。(ちょっと予定が急きょ変わって時間が余ってしまっただけなんですが・・・)昼前に朝食とかねて飲食店街の中の一角のカレー屋さんへ。さすがに三宮の飲食店街はたくさんのお店があって、どこに入ろうか迷ってしまいます。カレー屋さんに入ったのは、単純に500円と激安だったからなんですが、もちろん安いから味は二の次というわけではなく、スパイスにもこだわって、しっかりとした手作りのカレーでした。この前、なか卯のプレミアムカレーが690円というのを見て驚きましたが、おそらく通常ならもっと高くてもそのクオリティは十分にあると思うのですが、競争が激しい環境でその価格でないとお客さんが来てくれないのかもわかりません。女性が一人で切り盛りされていましたが、これなら相当にお客さんが入らないと儲かるまでは厳しいような気もしてしまいました。これだけのものを安く提供してもらえるのはお客の一人してはうれしい反面、まだまだデフレなんだと思うと複雑な気持ちにもなってしまいました。


 そのあと、夕方はこれまた三宮で新しくオープンした生パスタのお店に。ここも前を通ったらなんと1皿380円という表示を見て、味もおいしそうだしと思って思わず入ってしまいました。(その前に三宮にまで行って激安の食事しかしていない自分も情けなく思っちゃいますが(;^_^A)。ここでは、奇跡のボロネーゼ(550円)というのを食べたのですが、麺は讃岐うどんの製法で作られたという本当に生めんのもっちりとした感覚が新感覚のパスタで歯ごたえもあっておいしかったですし、ひき肉もなんとA4~5ランクのお肉を使っていて、味付けもチェーン店にありがちな濃いめなものでもなく、あっさりとしていて、もっと食べたいなぁと思わされるくらいの感じでした。ほとんどのメニューが380円から500円台なので、この価格には本当にびっくりしました。もともと東京にお店があって、三宮というか関西は初出店のようですが、東京でも同様の価格設定のようで、本当に頭が下がる思いです。パスタはけっこうお値段が高いというイメージがありますが、いよいよパスタにも価格破壊に波がきたのかという感じですが、このクオリティでこの価格はおそらく他ではまねできないと思います。普段パスタなんてあまり食べないのですが、ここのパスタなら食べたいと思いますし、ほかのメニューも今度行く機会があったら是非食べたいと思いました。ちなみに「POTA PASTA」とお店でしたが、興味があれば、食通の方がネットにブログを載せていると思いますので、そちらを見てみてください。

 しかし、なんというかたまたま私が激安店で食事をしただけなのかもわかりませんが、外食業界は大変だなぁと思いました。今は、人手不足でアルバイトの確保もままならなくて、大手のチェーン店でも確保に苦労していて、賃金もかなり上がっている中、一方でお客の財布のひもはまだまだ固いのが現実で、本当に苦労されているところは多いと思います。高級志向で単価を上げるか、価格を魅力的なものにして回転率を上げるか、中途半端でやはり難しいように思います。別にコンサルタントでもないのですが、現実には単価が高くても例えば話題のスイーツのお店には行列ができていたりするわけで、一概にデフレが続いているとは言えないのかもわかりませんが、マクドナルドの朝マック200円や吉野家でも安い豚丼が客数を維持している要因になっていたりするのをみると、やはり価格というのは重要な要素であることは間違いないと思います。ただ、回転率を上げるというのはそれだけ業務量も増えるわけで、運営も大変だと思います。うまい、安いは当たり前とすると、訴求力のある何かがないと生き残りも難しいのだと思います。

 必死に日銀が量的緩和をしても物価は上がらない、一方で消費税の影響もあって景気は良くなったとはいえない状況で、富が一部の富裕層に集中している世界的に起きている現象は健全ではないと思います。アメリカの大統領選もトランプ氏が人気になっているのもクリントン氏がウォール街や大企業からの多額の献金を受けて、献金をしているところの要求がそのまま政策に反映されている状況に対する一般の市民の反発があるわけで、本来努力して頑張っている人たちが報われるような状況にならないといけないと思います。なんか話が大きくなってしまいましたが、やはり価格の裏には多くの人の努力や苦労があるわけで、本当にその価値が評価され価格に反映され、みんなの所得が増えるようなそんな状況が望ましいのではないかなぁと思ってしまいました。



にほんブログ村


にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リワーク

Author:リワーク
鳥取市の社会保険労務士の田中です。日々の雑記からビジネス本の紹介から趣味の話まで、色々書いていきます。
企業の経営者、人事・総務担当の方からビジネスマンの方まで、役立つ情報をお届けいたします。
気軽になんでも相談してもらえる社労士を目指して、日々奮闘中です!お問い合わせは rework@hb.tp1.jp 田中まで

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。